【小ネタ】日本国内の中華食材店で見かけた、エンタメの変化。

 最近、大阪ミナミ(特に道頓堀周辺)に中華食材店が再び増えてきています。おそらく在日華僑華人が、ポストコロナを見据えて動いているのでしょう。会社帰りに立ち寄ることの多いこれらの店なのですが、豆板醤や豆干、冷凍水餃子ばかりだったこれらの店に、エンタメ関連の小さな変化が。

 あら、王一博?

 韓国系ショップを真似たわけではないのでしょうが、中国大陸アイドルのポスターや写真、非公式グッズを置くようになった店が出始めています。徐々にエンタメグッズを置く店も増えていくことでしょう。おそらくその萌芽といったところでしょうか。日本でも中国大陸のアイドルファンが着実に増えており、そうした人達の需要もあるのでしょうか。

 台湾路地裏生配信系Youtuberの影響で、台湾漁師網バッグを陳列する店も。
 道頓堀の中のアジアにも、少しずつ変化が生まれていました。

コメント

このブログの人気の投稿

【Peach】コロナウイルス関連で、返金不可の「シンプルピーチ」キャンセル代を支払いたくない僕がしたささやかな抵抗。

【台湾跨年Youtube中継まとめ】年越しカウントダウンイベント #跨年2022

【中国】Youtubeで・ニコ生で「CCTV春晩」!!  2022年1月31日(月)日本時間20時~