投稿

【台湾プロ野球2022】応援歌対決は樂天桃猿が優勝? ただし滅火器ではなく、樂天女孩のRinaと壯壯!!

イメージ
 台湾プロ野球、盛り上がってますね。  僕達にしてみれば、 応援歌や球団チアリーディングユニットが台湾芸能界に与えるいい影響 を楽しめているのがここ数年の傾向なのですが、今年(2022年)も、なかなか興味深い動きがあるようです。特に注目すべきは、昨シーズン優勝を逃した(!)樂天桃猿 Rakuten Monkeys。  今年度の応援歌「Rise Up」は 滅火器 が担当。  歌詞内容は臥薪嘗胆・捲土重来。今年のチャンピオンフラッグ奪還目指しての雄々しい叫びを表すのに滅火器のロック魂が炸裂…なのですが、 C-pop的には樂天女孩(Rakuten Girls)のRinaと壯壯!! ツインボーカルの球団内ユニット・ 什麼團長樂團 名義で楽天桃猿の今年度応援歌「Rise Up」がこんなカバー曲になるなんて!!Rinaと壯壯、ガールズロックバンドとしてやれるよ、やっちまおうよ、早く球場で観たい!!  ちなみに、こちらが滅火器バージョン。いいねえ、吼えてる。    C-pop的な要素をもう一つ。元・TPE48の陳詩媛(十元)が、TPE48卒業後、樂天女孩に加入決定したとのこと。日本語も頑張ってるし、応援したいな…(中信兄弟かオリックスバファローズにしてくれてばよかったのに…ぼそ。)  残念なことに中信兄弟(昨年度優勝)は、選手が参加しての 応援歌「感動黃潮」 を今年度の応援歌に。 同球団のチアリーディングユニット・Passion Sistersの出番は少なめ …峮峮は?峮峮はぁああああ??  昨年の優勝チームだし、選手が参加しての応援歌に盛り上がるファンの気持ちは分かる…んだけど、関西的には 林威助總教練 (元・阪神)が日本語で決意発表する「一心兄弟」や、 C-pop的には宇宙人が応援歌を担当した2018年度「 拿下這一場 」 がよかったなあ。  ポップス路線の中信兄弟、ロック路線の樂天。  この2球団を中心に、今年の台湾プロ野球…とエンタメから目が離せません。

【小ネタ】日本国内の中華食材店で見かけた、エンタメの変化。

イメージ
 最近、大阪ミナミ(特に道頓堀周辺)に中華食材店が再び増えてきています。おそらく在日華僑華人が、ポストコロナを見据えて動いているのでしょう。会社帰りに立ち寄ることの多いこれらの店なのですが、豆板醤や豆干、冷凍水餃子ばかりだったこれらの店に、エンタメ関連の小さな変化が。   あら、王一博?  韓国系ショップを真似たわけではないのでしょうが、中国大陸アイドルのポスターや写真、非公式グッズを置くようになった店が出始めています。徐々にエンタメグッズを置く店も増えていくことでしょう。おそらくその萌芽といったところでしょうか。日本でも中国大陸のアイドルファンが着実に増えており、そうした人達の需要もあるのでしょうか。  台湾路地裏生配信系Youtuberの影響で、台湾漁師網バッグを陳列する店も。  道頓堀の中のアジアにも、少しずつ変化が生まれていました。

【関空椅子飯店】関西国際空港で夜明かしする方法(2022年4月現在)

イメージ
コロナ禍で、僕達は関空から飛び立つことができなくなりました。 がらんとした国際線ターミナルに立つと、ふと、 「情人的關懷」(鄧麗君)口ずさみたくなります。 …しみるねえ。  利用客が少なくなったこのタイミングを活かすため、関空会社では、当初予定されていた第一ターミナルの改修工事に加えて、各所の補修工事を行い、国際線利用客の再拡大の時の準備を着々と行っているところです。  今回は、変わりゆく関空の姿を留めるとともに、2022年4月現在の「関空椅子飯店」(関空施設内で事前到着して夜明かしし、早朝便に乗るための場所)の確保情報をお伝えします。第一ターミナル国際線が元通りの供給状態になるまでは、基本的にこの情報がお役に立つと思います。  Perachの国内線早朝便で、国内を旅するためにもご活用ください。 【第一ターミナル】  第一ターミナル国際線出発フロア(4階)は、 旧来の長椅子も存在するのですが数が減り、寝転ぶ場所が少なくなっています。 ひじ掛け、というよりも、席を仕分ける板が設けられた座席が多くなり、居住性は悪くなったといえるでしょう。   ショッピング階(3階)の長椅子はほぼ撤去。  国内線フロア(2階)は人の出入りはあるものの、 ANA側の長椅子は旧来のまま で、コンビニなどもあるので、居住性は悪くありません。ただし、故障等で供用していない長椅子もあるので、注意した方がよさそうです。  巡回する警察官に確認したところ、 第一ターミナルでの夜明かしは現時点で問題なし 、貴重品の管理はしっかり各自でしてくれとのこと。   【エアロプラザ】  第一ターミナルの反対側に立地するエアロプラザ。   こちらは長椅子の大部分が撤去。  仮眠室も撤去。  その代わりに設置された複合カフェ「NODOKA」を利用する という選択肢が出てきました。クレジットカード(ゴールドカード等。適用会社に注意。)提示で2時間利用でき、第二ターミナル利用者が利用できるカードラウンジとしても機能します。また、ITM-KIXカードでの利用額割引(半額)もあるので、同カード保持者はかなりお得に利用できます。  アプレシオが運営しており、内部は複合カフェ/ネットカフェに、人工芝スペースがあったりとゆったりとしたスペース。パーティションで区切られた半個室スペースもあり、フラットフ

【小ネタ】百均台湾

イメージ
百均、好きです。 キャン★ドゥの株を取得するくらい好きです。 そんなキャン★ドゥで見つけた、小さな台湾。 五香粉。S&Bなので、品質も安心。 確かに懐かしい屋台の匂いがします。 小さな瓶の中にある、小さな台湾。110円(税込)。

【大港開唱】2022年3月26-27日、LINE TODAYで中継あり。宇宙人ft.蔡昌憲、美秀集團ft.盧廣仲など、限定ライブを見逃すな!!

イメージ
 台湾最大級の野外ライブイベント「大港開唱」。  2022年は数えること第13回。途中、コロナや政治的対立での中断もありましたが、今年は、高雄流行音楽中心(高流)を中心とした高雄港のベイエリア会場で既に盛り上がっています。(Youtube画像は昨年の様子。)  日本ではLINE TODAYで「南覇天」「女神龍」舞台のメイン2ステージがネット中継されています。なんといっても、このフェスでしか観られない組み合わせでの1日限定ライブがあるのが見逃せませんよね!!朱書きのような組み合わせが日本国内でもネット視聴できますので、要注目です!!  (でもね…本音は小規模ステージで、まだ見ぬ有力バンドを観たかった…。) ◆公式web  https://megaportfest.com ◆タイムテーブル(台湾時間)  https://megaportfest.com/timetable/  ※日本時間は+1時間で計算してください。 ◆南霸天舞台  https://today.line.me/tw/v2/article/60ZoG16 3/26 EmptyORio、閃閃閃閃、非人物種、 大象體操ft.9m88(日本時間17:20) 、大嘻哈時代、 楊烈ft.滅火器(日本時間20:30) 、 血肉果汁機ft.炎亞綸(日本時間22:10) 3/27 OBSESS、潮州土狗+禁藥王&栗子、壞特?te、傷心欲絕、 宇宙人ft.蔡昌憲(日本時間18:50) 、拍謝少年、 美秀集團ft.盧廣仲(日本時間22:00) ◆女神龍舞台  https://today.line.me/tw/v2/article/LXOeRrM 3/26 百合花ft.張藝 、淺堤、康士坦的變化球、陳惠婷、Suming舒米恩、 毀容姐妹會ft.蔡閨(日本時間19:30) 、 旺福ft.李千那(日本時間21:10) 3/27 Vast&Hazy、五五身、老王樂隊、黃玠、 草屯囝仔ft.曹雅雯(日本時間18:00) 、鄭宜農、 陳芳語Kimberley ft.大支(日本時間21:10)

【祝】【大阪アジアン映画祭】香港映画『アニタ(Anita/梅艷芳)』観客賞受賞!!

イメージ
 今年の大阪アジアン映画祭が閉幕しました。  今年は本業(ご存じの通り例のアレ)に専念するためにたった1本だけしか鑑賞しませんでしたが、その代わりにサポート会員Aに登録して、 各上映作品の冒頭に名前が出る という特典をいただきました。  なんとも照れくさいもんですね。映画祭を支えた実感はありますが。  さて、鑑賞したたった1本の映画は、観客賞を受賞した 香港映画『アニタ(Anita/梅艷芳)』 でした。コロナ禍いまだ沈静化しない大阪で、満員のABCホール。集った観客の全てが感涙し感動する映画でした。納得の観客賞です。おめでとう。  香港ポップスファンなら梅艷芳、外せないですよね。  僕は80年代香港ブームの頃は外野にいてて (1995年、艾敬「我的1997」でようやくC-popに目覚めた遅咲きで、元々は香港ポップスファンではない) あの頃の熱狂に触れるときっと火傷してただろうな、なんて思うわけです。現にあの熱狂を求めて、キャセイ航空で毎週香港生活or人生投げ出し香港生活してたお姉さん達も何人かいましたし。あの空気を愛してたんだなぁ、みんな。  それにしても、「TBS東京音楽祭」だとか、懐かしいキーワードが続々。80年代の日本のポップスが香港ポップスに、そしてアジアに影響を与えていた時代の遺構を見ているような気分になってきます。  近藤真彦との恋や、張國榮との絆。人の人生を2時間ちょっとでまとめ上げるなんてできない、ということは後述の監督インタビューでもあったとおりなんですけど、それを補うための丁寧な脚本づくり、演技づくりなどが施されていて、伝記映画の分野においても秀逸な作品ではないかと思うのです。(割と中華圏では、スターの一生を舞台化・映画化するものが多いんですが、雑な脚本が多くてぶつ切り状態なのも多く見かけるんですよね。)  『Anita』は日本ではどうやらサブスクコンテンツとして視聴できる…との情報も。映画祭でのみスクリーンで鑑賞できるのがいいか、サブスクでの分割配信だけど全国で視聴できるのがいいか。究極の選択だよ、選ばせんなよって思うけど…選ぶしかないんですよね。スクリーンで観られてよかったよ…。 OAFF 2022『アニタ/ Anita』監督インタビュー   そうそう、『アニタ(Anita/梅艷芳)』の監督インタビュー。学長小西も映画鑑賞後の楽しみに取ってお

【台湾・文化內容策進院 (TAICCA) 】盧廣仲、血肉果汁機、Julia 吳卓源、Leo王、八三夭が出演。「YouTube Music Sessions x TAICCA (2022.03.21)」

イメージ
 最近、台湾の 文化內容策進院 (TAICCA) の動きが面白いんです。  文化コンテンツやブランド構築を推進する中華民国の行政機関なんですが、なんとはなしに韓国のコンテンツ政策を参考にして、同国のイメージ戦略に資するよういろいろ仕掛けてるなあと感じます。今回の 「YouTube Music Sessions x TAICCA」 もそうですし、数か月前にニコニコ生放送で配信された台湾ポップスコンテンツもTAICCAのものでしたし。今後も台湾関係では僕達は何度か目にすることになりそうです。  さて、今回も興味深い内容。   盧廣仲、血肉果汁機、Julia 吳卓源、Leo王、八三夭 の5組のライブ映像を全く同時に配信するというもの。好きなものから順にでもいいでしょうし、アットランダムに選んでもいいでしょうし、20‐30分程度の動画を組み合わせて、現在の台湾の音楽事情を概覧するのにちょうどいいものになっています。全部視聴しても2時間ほどですしね。  アーカイブはプレミア公開後もそのまま公開されています。  オリジナルライブですので、もちろん見応えあり。  お好みに合わせて視聴してみてください。 Julia 吳卓源 https:// youtu.be/lcRaeQuL8L0 Flesh Juicer 血肉果汁機 https:// youtu.be/IRYtQwVDqMY 八三夭 831 https:// youtu.be/V91APzirju8 盧廣仲 Crowd Lu youtu.be/L1B7oDL_CM4 Leo王 Leo Wang https:// youtu.be/1hFNu4uN2I0