投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

【Peach】コロナウイルス関連で、返金不可の「シンプルピーチ」キャンセル代を支払いたくない僕がしたささやかな抵抗。

コロナウイルス対策、お疲れ様です。
 僕も疲れました。
 さて、みなさんは今回のコロナウイルス対策で航空券のキャンセルはどうされているでしょうか?台湾便が運休となれば、無料で払い戻しなどができるだろうと推測できるのですが、運休はしないのに中華民国入国を制限されたり、入国後の行動を制限される事態となって、事実上観光に行けない(公的な場所に出かけられない)状態が続いています。(2020年2月26日現在)

 僕はLCCのPeachを利用することも多いのですが、Peachの一番格安のグレード「シンプルピーチ」はキャンセルするにあたっては返金不可となっていて、これを自己負担するのがかなり痛いんです。しかも、Peachはチケット譲渡もできない。どうせカネを払うのなら、日程変更の手数料にでも支払ったほうがどれだけマシか…ということで、僕がとった方策は「シンプルピーチからバリューピーチへの運賃種別変更(格上げ)⇒日程変更」でした。

 必要な手続きや費用は以下の公式情報を参照してください。

Peach:変更・取消・払戻
https://www.flypeach.com/lm/fares/fare_conditions
Peach:各種料金・手数料
https://www.flypeach.com/lm/fares/fees_and_charges

 「シンプルピーチからバリューピーチへの運賃種別変更(格上げ)」はインターネットでできず(前時代的!その1)、コンタクトセンターへの電話か、空港カウンターでの対人窓口だけ。電話も0570の有料電話だけ。(前時代的!その2)という非常にイライラするものでしたが、ひとまず電話で変更することができました。その後、日程調整し、4カ月後の日取りに変更しました。4カ月後もまだ災禍が続いているようであれば、再度日程変更することになるでしょう。
 コンタクトセンターから「バリューピーチに変更後、キャンセルされる予定ですか?」と訊いてきたので、キャンセルされる人もこうした手続きを取っている件数が多いのだと推測できます。ただし、顧客側都合のキャンセルはピーチポイントでの返金になるのがデメリットなので、日程変更前提だったこともあり、この手段は取りませんでした。ピーチポイントで受け取り、再度Peachに乗る算段があるのなら、むしろ好都合かも。
 ちなみに追加額です…

【A-Lin】今年はA-linの当たり年!!台湾映画『悲しみより、もっと悲しい物語』(比悲傷更悲傷的故事)も上映されるし。

イメージ
先週末、A-Linのコンサートが台北小巨蛋で3日間行われましたね。チケット秒殺のコンサートですから、新型コロナウイルス肺炎の厳重体制(検温・マスク着用・アルコール消毒)の中とはいえ、大きな盛り上がりを見せていました。


日本から見て、今年はA-Linの当たり年だと思うんです。
 いよいよ、日本でも台湾映画『悲しみより、もっと悲しい物語』(比悲傷更悲傷的故事)も上映されますし。(僕は2019年の大阪アジアン映画祭で観ましたが、まあ…「泣けっ!!泣けえええぇぇぇえええ!!」という意図が明確に伝わる映画でした。陳意涵アイビー・チェンも可愛いし。元々が韓国映画なので、大病を患うとか、三角関係とか…お決まりで大袈裟なまでのメロドラマ演出も健在だし。)「売れっ子大物歌手」という位置付けの本人役で出演し、かつ主題歌を歌うA-Linが評価されて当然だと思うのですよ。既に日本上映用の予告編も解禁はされているんですが、あんな動画(!)よりも、A-LinのMVの方が余程あの映画のエモーショナルなところを突いているので、そちらをご覧ください。


 映画をご覧の方は、ぜひA-Linにもご注目を。彼女がいかに優れた歌手であるかどうかを知ると知らないとでは、この映画の理解度に大きく関わるといっても過言ではありませんよ。

◎映画『悲しみより、もっと悲しい物語』(原題:比悲傷更悲傷的故事)
http://hark3.com/morethanblue/
4/3新宿武蔵野館から全国順次上映


※ちなみに、「あんな」呼ばわりした予告編はこちら。

【王力宏ほか】【武漢肺炎】キャンペーンソングとしての本質はどこにあるんだろうか。

イメージ
武漢肺炎の猛威が収まりを見せない中、何人もの歌手がキャンペーンソングとして歌を出していたりするのですが、中国大陸系の各団体(中国文聯、中国視協、中国影協、中国音協、湖北省委宣伝部、湖北省文聯)が共同で、文藝界抗擊疫情主題曲として「堅信愛會贏」を出しています。(なぜか王力宏のYoutubeアカウントで。)

 ん…心に響かない。
 「我等中華民族の力量を結集し~♪」と言われてもなあ。
 まず、僕は中華民族じゃないし。
 いや、おそらく問題の本質はそこじゃなく。
 キャンペーンソングの本質として、こういうのって「被害者に寄り添う」ものであるかどうかなんでしょうね。国威発揚の道具にされるキャンペーンソングは魂を抜かれてしまっているようなものなので響いてこないんですよ。「中華民族」云々は、全地球的な中華民族を指すんだ、とかの説明はあるんでしょうけど、官製の空気感がものすごい強い。(成龍が冒頭で歌ってるせいなのか?)

 王力宏の独唱バージョンは、曲として聴けるというのはある意味タチが悪いのかもしれないです。


 先日ブログでも紹介したGEM鄧紫棋の「平凡天使 Angels」や、SARSの時に歌われた「手牽手」のような連帯感を微塵も感じないんですよ。ただ単にたくさんの中国の芸能人が出ていますってだけ。僕の感性の問題なんでしょうけどね、たぶんね。ってか、力宏、「手牽手」で主導してたじゃないか。なんでああいうプロジェクトで歌ってくれなかったのか。

 …なんか、寂しいわ。

【Blogger/Blogspot】アプリがアップデートされ、画像が貼り付けられるようになった!!

イメージ
C-popとは直接関係ないんですが。
 このブログ、Googleのブログサービス「Blogger/Blogspot」を用いて、そこに独自ドメインを乗せているような使い方をしています。ただ、これまでこれのアプリが超絶使いづらい、というか役立たずでして、画像が貼れない(貼ろうとするとトラブる)ので、自ずとPCでしか作業できないという選択肢の狭さに苛まれてきたわけです。数年間、ずっとほったらかしになっていたアプリのアップデートもされる様子なし。

 が。先日、アップデートの通知。
 さっそくダウンロードして適用してみたら、画像が貼れるではないですか!!これはありがたい!!スマホからの書き込みができるとなると更新頻度が上がるかも!!(たぶん。)まあ、筆が遅いのはみなさんご存じでしょうから、期待せずにお待ちください。


※ちなみにこれ、先日、あるミッションを背負って散策中の様子。

【GEM鄧紫棋】【武漢肺炎】SARSの時に歌われた「手牽手」が連帯の曲なら、この曲は小さな善意が静かに積み重なっていく一人一人の曲だ。

イメージ
「若い男が警察署に500枚のマスクを届けた後、名前も告げずに急いで「逃走」した」というニュースから、この動画は始まる。GEM鄧紫棋が武漢肺炎関係のニュースを目にする中で、数多くの人の善意や人の思いを知り、この曲に至ったということだ。

 SARSの感染拡大の時、「手牽手」という曲が歌われた。王力宏をはじめとして数多くの歌手が手を取り合い、歌い繋ぐという曲だ。「手牽手」が連帯の曲なら、この曲「平凡天使 Angels」は小さな善意が静かに積み重なっていく市民一人一人の曲だ。その一人一人を象徴するのがGEM鄧紫棋のピアノ一本での独演・独唱なのだろう。感動。

 そして、挺住武漢。


【2/22公開】映画『恋恋豆花』パンフに寄稿&Youtubeプレイリストを勝手に作っちゃった。

イメージ
台湾を題材にした、モトーラ世理奈主演で話題急上昇中の映画『恋恋豆花』が2020年2月22日、東京を皮切りに全国で上映されます。(大阪は3月27日~シネリーブル梅田にて。)実は、この映画のパンフレットに、音楽・ポップスからこの映画を楽しもう、というお誘い記事を寄稿させていただいています。まあ、僕が普段からTwitter等で語っているので(また言ってる)と思われるでしょうけど、よければお手に取ってくださいませ。

-----
 さて、映画『恋恋豆花』で使われた劇中歌のうち、洸美-hiromi-/PiA吳蓓雅の二人が3曲ずつ歌っているのですが、その歌っていた3曲に、「C-pop University 中華流行歌曲大学」がセレクトした曲を追加したプレイリストを「勝手に」作ってみました。映画を観終わった後、台湾の旅のお供にどうぞ。サントラ盤も買ってくださいね('◇')ゞ


◎映画『恋恋豆花』ORIGINAL SOUNDTRACK ※通販情報あり。
https://hiromi629.wixsite.com/hiromi/discography


◎映画『恋恋豆花』hiromi Side Playlist
https://www.youtube.com/playlist?list=PLFSpUn7CVwz-w0GvQ-2rCLCdG2vAejPOh



◎映画『恋恋豆花』PiA Side Playlist
https://www.youtube.com/playlist?list=PLFSpUn7CVwz9o9CIf3NSBTRUfidKiWiZC