投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

【Dick Lee】「Mad Chinaman」30周年コンサートで語った2つのキーワード。

イメージ
 Dick LeeがMCで何度も繰り返していた「identity」「Japan」のキーワード。
 これは彼が歩んできた音楽人生を語る上で必須のものだった。

 2019年9月15日、シンガポール。

 Esplanade Concert Hallで開催された「Mad Chinaman 30周年記念コンサート(Dick Lee's The Mad Chinaman 30th Anniversary Concert)」は、Dick Lee本人が冒頭で「満員だね!!」と喜んでいたように、多くの聴衆で埋め尽くされていた。
 Esplanade Concert Hallは屋内管弦楽仕様をベースに作られている構造なのだが、それを生かすかのように、Dick LeeはBraddell Heights Symphony Orchestra、そしてコーラス隊とともに、これまでの代表曲をオーケストラアレンジを施して演奏し続けた。


 その中でも象徴的だったのが「Rasa Sayang」。
 シンガポールの曲ではない。
 元々はインドネシア民謡だ。
 アルバム『Mad Chinaman』の1曲目で、Singlishのラップが政府の怒りを買い放送禁止になった(後に解禁)いわくつき(!)の曲である。歌いながら会場を煽り、観客に拳を上げさせるパフォーマンスは、彼の中にある、明るくも強い闘争心に近いものを感じる。リリース当時、建国からまだ間もなく、確立していなかったシンガポールのアイデンティティを音楽によって固めることになったこの曲は、同時に彼自身のアイデンティティ…自分は、そして我々は何者なのかという自問自答の曲だった。
一つ目のキーワード「identity」は、この「Rasa Sayang」だけではなく、インド系の曲「Mustafa」等のMCでも繰り返し口にした言葉だった。プラナカン、中華、インド…シンガポールの多層的な曲をアルバム『Mad Chinaman』以外のところからも続々と紡いでいく。その音楽表現を支えるのが、シンガポールの次世代を担うゲスト達…女優・ラジオDJのシンガポール華人・Denise Tanと、インド系の父・中華系の母を持つ歌手・女優のJacintha Abisheganaden(元嫁)だ。

 コンサートの第1章が終わり、Dickが静かに語り出す。
二つ目のキーワード「Jap…

【周杰倫】ジェイ・チョウ、日本での活動がいよいよ本格化?

イメージ
周杰倫が、日本のアミューズ系事務所・A-Sketchと契約しました。
 同社で日本のマネージメント契約をしている五月天の阿信とコラボするというサプライズも。


 こうして日本での活動…日本公演や日本盤リリース、日本語曲制作とか…も視野に入ってくるので期待を高めている方も多いんじゃないでしょうか。ただし!!時にはファンとして(そおじゃねーんだよぉぉぉおおおお!!)っていうことも出てくるのかな、と。

 邦題「恋するホニャララ」とか、僕なら激怒Tweetする。きっと。
 ※特定の歌手・グループを念頭に置いたものではありません( ゜Д゜)

 「說好不哭」のMVに出演した三吉彩花が中華圏でクローズアップされたり。
 いかにもジェイ・チョウ節な曲調にジーンときたり。
 日本のC-pop界隈が更に賑やかになりそうです。


(あ、でも個人的には、晨悠CHENYOのカバーがいいんだよなあ…。)

【台湾新幹線、2人で1枚無料】観光局が指定する旅行会社…例えばKKdayの場合、こちらから申し込めます。【ぼっちの人には別メニューをどうぞ。】

イメージ
2019年9月17日の中央社フォーカス台湾の記事。 訪台外国人客対象 台湾新幹線、中南部行き乗車券を2人一緒で1人無料に http://japan.cna.com.tw/news/atra/201909170003.aspx
つまり、台湾政府が外国人観光客を中南部に誘致すべく、台湾新幹線を2人で同時使用すれば1名分無料にするキャンペーンを始めたとのこと。予約期間は2019年9月16日~翌年1月20日まで。この優待を受けるには、観光局が指定する旅行会社のウェブサイトでの事前申込みが必要とのことで…KKday、KLOOK、雄獅旅遊の3社。



で、KKdayを調べてみると。 ありました。
【台北駅発】台湾新幹線 割引切符(台湾高速鉄道)2枚購入で1枚分無料:外国人限定 https://www.kkday.com/ja/product/20467?cid=8862