【KKday】台湾ポケットWi-Fiが激安で電池持ちがいいので、弾丸旅におススメしたい。

KKdayのモバイルネットワークネタが結構好評だったので、もう一つ。

【台湾】4GポケットWi-Fiレンタル(無制限+速度低下無し):桃園国際空港 受取・返却 

以前使ったことのあるポケットWi-Fiなんですが、結構よかったので。
それに、1日あたり139円に値下がりしてる(*’▽’)
為替相場の関係で価格変動するんですかね?


受取・返却場所、分かりやすいです。
桃園国際空港第一ターミナルでいえば、出国手続が終わって、左に折れれば(桃園MRTや空港バス乗り場の途中に)カウンターがあります。水色の「KKday」の看板が目印。

キャリアは台湾大哥大または遠傳電信。日本でいうところのソフトバンクやau的な位置付けの会社なので台湾全土に通信網があり、安心。(僕が使ったときは台湾大哥大でした。)スマホ型のモバイルルーターだったので、残り時間や使用容量とかも確認できる便利ものでした。

概算バッテリー持続時間は15時間…大きくて重いのはそのためか。
でも、15時間持続するのは魅力。
なおかつ、これ、モバイルバッテリーにもなるのです。
万一電池切れになっても心強い。
僕の場合、リュックに入れて使うだけなので、大きさ重さは無関係。
なによりもデータ通信量制限が無制限。これほどありがたいことはない。

僕が使っているスマホ(下)とあまり変わらない大きさ。
そして、結構分厚い。電池の分ですね。


1日単位でレンタルできるので、弾丸旅であればあるほど費用対効果は大きくなります。例えばPeachで関空1泊2日弾丸旅なら、

土曜日 2:30関空→4:50桃園
日曜日 22:30桃園→翌2:00関空

で、台湾での実働2日間で278円でインターネット使い放題。
今日現在で、日本の大手レンタルWi-Fi某I社の「4G LTE、容量無制限」レンタルWi-Fiと比較した場合、関空受取になるので3日間利用となる上に、1日あたりの単価が2,080円。合計6,240円。その差、約22.4倍…安い、安すぎる。

ただし、長期になると現地SIMで通信する方が安くなる場合も。
比較対照するのなら、こちらとでしょうね。

専用ケースにケーブルとルーター。これだけ。
シンプルな内容なので管理しやすいです。

【まとめ:こうした人におすすめです】
◎短期間の旅(特に弾丸!)
◎桃園国際空港で受理・返却ができる
◎長時間利用できた方がいい
◎大きくて重いのは気にならない

コメント

このブログの人気の投稿

【Dick Lee】「Mad Chinaman」30周年コンサートで語った2つのキーワード。

【復活】もう一度、歌う人を応援しようと思う。

【音源】ここ数年の主な音源を、入院中にざっと聴いてみたら、この曲に行き着いた。