【KKday】台湾新幹線(高鐵)3日パスを使って、台湾縦断追星活動!!

台湾全土で追星活動(=追っかけ)したい人、必見です。

複数の歌手・アイドル。ミュージシャンを追いかけたい、
特定の歌手・アイドル・ミュージシャンを複数都市で追いかけたい、
そんな場合に台湾新幹線(高鐵)は重要な移動手段です。

が!! 台湾新幹線は高-いっ!!

のなら、安く利用する方法を探しましょう。

【お得な乗り放題】台湾新幹線・高鉄3日パス / フレキシブル2日パス:外国人限定 

台湾全土で追星活動(=追っかけ)したい人、必見です。



台湾新幹線(台湾高速鉄道/高鐵)乗り放題の3日間フリーパスが7,000円。外国人観光客向けのプランなので、日本人観光客としてのメリットを享受できるチャンスですよね。全線の自由席または普通指定席に何度でも乗車可能です。

例えば、こんな風に使ってみました。

 金曜:Air Asia深夜便で関空→桃園(台北で1泊)
 土曜:台北→左営(1,490元)/蔡健雅のライブで高雄・LiveWarehouseへ 
 日曜:左営→台中(790元)/詹森淮出演の音楽イベントで台中・廣三SOGOへ
 月曜:台中→桃園(540元)/Air Asia帰国便へ

普通車当日料金で計算すると2,820元、日本円で約10,434円。
3,000円ちょっとのお得。かなりの割引になりました。

高雄で新譜リリース活動中の路嘉欣に遭遇。

シンガポール出身の蔡健雅。ライブハウスでのアクトは貴重。

ちょうどハロウィンの時期なので野外イベントも。

土日祝は台湾人も多数利用するので(当たり前)予約が取りにくくなるのですが、早目に予約するか、始発駅から自由席で座席確保するか、短距離(台中→桃園)で立ってもいいやとか…臨機応変に対応すれば、スケジュール的にも問題なく使えました。
今回のようにコンサート等を複数回巡る「1日1都市」という使い方もできますし、ニューアルバムリリース時に開催されるような「主要都市縦断キャンペーン(台北・台中・台南・高雄とかを1日で回るような場合)」にはさらに効果的に使えますね。

【まとめ:こうした人におすすめです】
◎台湾新幹線での移動が多い日本人
◎複数都市のライブ・コンサート・イベントに行きたい「追っかけ」の日本人



コメント

このブログの人気の投稿

【Dick Lee】「Mad Chinaman」30周年コンサートで語った2つのキーワード。

【復活】もう一度、歌う人を応援しようと思う。

【音源】ここ数年の主な音源を、入院中にざっと聴いてみたら、この曲に行き着いた。