【中国】中国共産党も、数十年後に使える政治的アイドルアイコンの戦略とか、大真面目に検討しているんだろうな。

中華人民共和国建国70周年。
盛大な建国記念祝賀イベントが開催され、祝賀ムードを盛り上げた。ポップスの関連でいえば、王菲が映画『我和我的祖国』の主題歌を担当し、ミュージックビデオを先日公開したことが話題になっている。


論点は2つ。
中国共産党のプロパガンダ映画の主題歌を王菲が歌ったということ。
建国70周年のタイミングで、中国共産党は(近年代表曲のない)王菲を看板にしたこと。

王菲が政治的アイコンになる時代なんだなあという感慨もある。
ただ、今なぜ王菲?という気持ちもある。
春晩に常連で出てくる歌手というあたりが基準なのかもしれない。
中国大陸で「たたき上げ」で出てくる歌手・アイドルが
国民的に支持されるアイコンになるためには
王菲が歩んできた20-30年くらいの時間がかかるということか。

例えば、SNH48がもしそれを目指すとして…
仮に20歳のメンバーが30年後…50歳…美魔女???


中国共産党もそういう戦略を大真面目にやってるんだろうな。

コメント

このブログの人気の投稿

【Peach】コロナウイルス関連で、返金不可の「シンプルピーチ」キャンセル代を支払いたくない僕がしたささやかな抵抗。

【2/22公開】映画『恋恋豆花』パンフに寄稿&Youtubeプレイリストを勝手に作っちゃった。

【A-Lin】今年はA-linの当たり年!!台湾映画『悲しみより、もっと悲しい物語』(比悲傷更悲傷的故事)も上映されるし。