【シンガポール建国記念日】Dick Leeその人が歌わなかったとしても。

毎年、この時期になるとワクワクするんです。
シンガポール贔屓の僕にとって大事な、シンガポール建国記念日。

建国記念日には式典が行われ、その年ごとのテーマソングが歌われるんですが、今年は以前NDPテーマソングとなっていた「Our Singapore」が再度歌われることに。この曲と、同様にテーマソングとなったことのある曲「Home」のメドレーが式典では歌われました。いずれもDick Leeの曲です。ですが、2019年版「Our Singapore」MVで姿のあるDick Leeですが、式典では前面に出てくるわけではありません。

いないのです。
ですが。

シングリッシュ(シンガポール訛りの英語)だと卑下されていたシンガポールの青年が創る曲が、時代を経てあたかも国歌のように愛され歌われ、式典では様々な民族の歌手やラッパーや、若い青少年が歌う。Dick Leeその人が歌わなかったとしても、この曲達は歌い継がれ旗を振られてていくんだということを知ると、涙が止まりません。

いい式典でした。
以下の動画で、ぜひご覧ください。
(ああ、いつかは紅白の旗をこの会場で振ってみたい…。)

National Day songs medley at NDP 2019

NDP 2019 theme song: Our Singapore
※こちらはMV。シンガポールのミュージシャン総動員状態です。僕が個人的に大好きなアカペラグループ・MICapellaのメンバーの姿も。

コメント

このブログの人気の投稿

【Dick Lee】「Mad Chinaman」30周年コンサートで語った2つのキーワード。

【復活】もう一度、歌う人を応援しようと思う。

【2/22公開】映画『恋恋豆花』パンフに寄稿&Youtubeプレイリストを勝手に作っちゃった。